骨盤矯正.com
歪みcheck!!
骨盤歪みの種類 骨盤矯正と筋肉の関係 骨盤矯正の効果 骨盤矯正後のボディライン 産後の骨盤矯正ダイエット
日常生活での歪み解消 骨盤矯正の体操 骨盤たたきで歪みの矯正 骨盤矯正ダイエット 骨盤矯正用クッション・ベルト
骨盤矯正後の注意点 骨盤矯正と栄養管理
骨盤の仕組み 骨盤の作りと働き なぜ骨盤が歪む? 骨盤歪みと影響
ボーダー上
タイトル

1、骨盤に優しい座り方

骨盤は、普段の生活習慣から歪んでしまいます。そこで、骨盤をいじめない綺麗な座り方を紹介します。働いている人はもちろん、普段椅子に座る機会はとても多いと思います。イスに座るときは深く腰掛け、背中を伸ばして座りましょう。イスに浅く腰掛け、体を背もたれの姿勢は、骨盤が後に倒れた状態になりやすいです。
また、椅子に座って同じ方向にばかり脚を組んだり、脚をからめたりするのも、骨盤を歪ませる原因になってしまいます。床に座ったときの横座りも骨盤には良くありません。椅子に座るときは、できるだけ椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばしましょう。ひざの位置は腰より低くなるように注意して下さい。脚を組む時は、片側ばかりでなく左右交互に組みましょう。横座りするときも左右交互にして座りましょう。骨盤矯正には、正しい座り方も大切です。

2、骨盤に優しい歩き方

歩き方の癖によっても、かなり骨盤に負担がかかってしまうので、綺麗な歩き方を心がけてみましょう。歩くときは、背筋をピンと伸ばした姿勢を保つことはもちろん、 大腰筋をしっかりつかった歩き方を心がけましょう。 できるだけ大またに、速足で歩くと大腰筋が上手に使われます。また、一直線上を歩くようにすると腰がよく動くので効果的です。 そして左右の脚を一直線上に下ろすように歩いてみましょう。 骨盤を支えている大腰筋は、小またより大また、ゆっくり歩くより速足の方が、 よく使われるので強くなります。 さらに、直線状を歩くようなイメージで歩けば大腰筋がより多く使われて効果的です。 正しく綺麗な歩き方で、骨盤矯正をしましょう。

3、骨盤回しでの効果と方法

骨盤回しには、どのような効果があるのでしょうか?骨盤回しは、骨盤を回すことによって、骨盤のゆがみを矯正するという方法です。お手軽な方法ですが、歪みはもちろん、ダイエット効果も期待できます。骨盤回しは、回すことによって遠心力の力を利用する方法です。骨盤がゆがんでいると、歪みを補うために歪んだ骨盤の周りに贅肉が付いてしまいます。骨盤回しを続ければ、特にウエストがほっそりとしてくるでしょう。さらに、骨盤は揺らすことで、細胞の働きを活性化し、骨粗鬆症の予防にもなりえます。
そのやり方ですが、ただ骨盤をゆっくり回す運動を繰り返すだけのお手軽方法です。まずは、両足を肩幅くらいに開いて、まっすぐに立ちます。その時に膝は、なるべく曲がらないように注意してください。後はフラフープを回すように、腰をゆっくり水平に回します。左右10回から30回ずつゆっくり回しましょう。時間にすると、左右それぞれ1分程度の運動なので、楽に続けられると思います。コツをつかむまでは市販されているベルト等を腰に巻いて、正しい姿勢を簡単に保つのもいいかもしれません。
骨盤回しはちょっとした時間で簡単に出来るので是非試してみてください。骨盤のゆがみ矯正はダイエットにも、健康維持にもとても効果的です。骨盤矯正し、健康でスリムな体型を維持しましょう。

ボーダー下